English Forum domain Top Astrophotography The Movie News Accessories Link BBS|ETX About
メニュー
ゲストETXギャラリー
木星 
登録ユーザー数
現在、437件の登録です。
アクセス状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)
登録ユーザ: 0
ゲスト: 13
詳細: もっと...
アンケート結果ピックアップ
持っている望遠鏡は?(結果上位10位)
ETX-70AT41
ETX-12534
ETX-10533
ETX-9021
LX200GPS21
LX9018
LX20014
LXD55/7513
DS-20007
RCX4001
アンケートトップ
管理者承認待ち
システム管理 ニュース ゲストETXギャラリー ダウンロード リンク
/  メイン
   /  ETX一般
(モデレータ :Yoshi-K)
投稿するにはまず登録を
« 1 (2) 3 4 5 ... 15 »
ETX一般
     スレッド 返信 投稿者 閲覧 日時
/  ToUcamやDSIとフリーソフトを使ってETX-90PEをオートガイド 8 やし 6730 2009-5-12 6:16:53 やし
/  DSIとピンホールカメラ 3 ゲスト 4114 2009-5-3 0:01:01 kariya
/  フレキシブル フォーカスノブ ETX-90バージョンの作成 2 ゲスト 3831 2009-4-21 21:37:59 ゲスト
/  ステラナビゲーター8で導入について 1 ゲスト 3878 2009-3-28 10:35:50 ゲスト
/  PL12mm接眼レンズについて 0 ゲスト 3100 2009-3-1 11:51:16 ゲスト
/  EXT105PEを買いましたが、 0 ゲスト 3437 2009-2-25 18:56:18 ゲスト
/  導入・追尾精度について 4 ゲスト 4521 2009-2-17 3:45:11 ゲスト
/  ETX125について 5 ゲスト 5916 2009-1-16 10:24:15 Yoshi-K
/  もしこんなETXがあったらいいなと思うこと 8 やし 5936 2009-1-9 6:43:07 やし
/  ピントリングをまわしきったところで無限遠にピントが合うレンズについて 2 やし 3555 2009-1-6 1:38:59 やし
/  一眼デジカメでの無限遠のピンと合わせについて 2 やし 3480 2009-1-3 1:17:09 やし
/  ETXへのカメラの同架時の雲台の使用について 2 やし 3162 2008-12-25 5:51:02 やし
/  赤道儀モードのホームポジションについて 3 やし 3379 2008-12-24 6:05:34 やし
/  ETXにカメラを同架した撮影についてお教えください 5 ゲスト 4240 2008-12-21 12:16:06 PS13
/  ETX-LS 1 ゲスト 3369 2008-11-28 7:05:25 Yoshi-K
/  色々まとめてお教えください 5 ゲスト 4340 2008-11-10 6:49:43 ゲスト
/  ETX125PEの価格について 2 ゲスト 3174 2008-9-25 13:17:30 ゲスト
/  プレアデス星団の撮影方法をお教えください 6 ゲスト 4269 2008-9-17 13:11:52 ゲスト
/  北極星が見えないときの赤道儀モード設置について 8 ゲスト 5543 2008-9-8 10:22:05 ゲスト
/  #494オートスターと#497オートスターの互換性について教えてください 0 ゲスト 2867 2008-8-9 15:34:37 ゲスト
ソート順:
/ = 最終訪問日以降の新しい投稿があります (/ = 人気スレッド!)
/ = 最終訪問日以降の新しい投稿はありません (/ = 人気スレッド!)
/ = ロックされたスレッド
/ = このスレッドは固定されています
« 1 (2) 3 4 5 ... 15 »

サイト内検索
Google検索
Google
  インターネット
このサイト内
ゲストETXギャラリー新着
天の川(はく... (2009-11-12)
天の川(はく...
木星 (2009-8-27)
木星
金星 (2009-8-27)
金星
他サイトニュース
他サイトニュース
時 差
NASA TV 時刻は、08月14日 21:02:31 (EST)です。
太平洋標準時は、08月14日 18:02:31 (PST)です。
天文用語辞典
- F値(えふち) : 絞りのこと。焦点距離[f]を有効径[D]で割った数値。一般的には、小さいほど明るく視野の広い光学系となり、星野観測や写真撮影に適している。一方、数字が大きいほど倍率が容易に高くでき、惑星などの観測に適している。アイピースの既製品は、ある程度焦点距離のラインアップが決められているため、対物レンズ側の焦点距離で実視界が決定されてくる。
Advertisement