English Forum domain Top Astrophotography The Movie News Accessories Link BBS|ETX About
メニュー
ゲストETXギャラリー
しらびそ高原での銀河の中心付近
ログイン
ユーザ名 または メールアドレス:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
登録ユーザー数
現在、433件の登録です。
アクセス状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Autostar Suite (オートスタースイート)全機能 を参照しています。)
登録ユーザ: 0
ゲスト: 6
詳細: もっと...
アンケート結果ピックアップ
持っている望遠鏡は?(結果上位10位)
ETX-70AT41
ETX-12534
ETX-10533
ETX-9021
LX200GPS21
LX9018
LX20014
LXD55/7513
DS-20007
RCX4001
アンケートトップ
他サイトニュース
管理者承認待ち
システム管理 ニュース ゲストETXギャラリー ダウンロード リンク
  印刷用ページ
最終更新日:01/28/2004  
Autostar Suite主要メニュー下の注目な機能

 「Autostar Suite」は、パッケージ名でもありプラネタリウム画面を持つソフト名でもあります。要は、ランチャー的な役目を持たせた中核となる「スイート」と位置づけたようで、Autostar Suite(プラネタリウムソフト)からはさまざまなツールが起動可能です。LPI Cameraが中核と言われがちですが、実はソフト自体もおもしろい…。

 

 以下は、メニュー階層として、第一階層(青色文字)第二階層(橙色文字)第三階層(薄紫色文字)と、右に行くほど末端であり選択機能となるよう表しています。取りあえずコメントを書いた個所がいちばんに注目しています。今後レポートを重ねていきます。

第一階層	第二階層	第三階層
↓	↓	↓
「File」
「Time」
	Time Display
	---
	Set Time & Date
	Set Timezone
	Set Lacation
	---
	Save Parameters

「Ephemeris」
「Starmap」

「Telescope」
	Protocol
		[none]
		AutoStar via Comm Port	→ シリアル接続
		AutoStar via Modem
		AutoStar via Network	→ IPアドレス指定で接続(標準でポート5401)
		---
		Remote Handbox	(ネットワークを介したコントロールパネル)
	Set Telescope Fields
	Control Panel
	Scope Settings
	Auto Track
	---
	Communications
		Start Network Server	→ 「Autostar Net Scope」(ポート5401でサーバ待機)
		---
		Comm Port Setup
Test Comm Port --- Dome Control --- Update Autostar → 「Autostar Update」(お馴染みのファームアップソフト) 「Image」 LPI Imaging  → 「LPI Camera Program(LPI Cameraからの取り込みツール) Pictor Camera Pictor Autoguiding --- Image Processing (画像処理ツール) 「Optins」 「Help」  

サイト内検索
Google検索
Google
  インターネット
このサイト内
ゲストETXギャラリー新着
天の川(はく... (2009-11-12)
天の川(はく...
木星 (2009-8-27)
木星
金星 (2009-8-27)
金星
お天気ガイド
時 差
NASA TV 時刻は、04月28日 09:10:55 (EST)です。
太平洋標準時は、04月28日 06:10:55 (PST)です。
他サイトニュース
天文用語辞典
- バイヤー符号(ばいやーふごう) : 恒星の呼び名の1つ。一般的に星座内の恒星には、明るい物からバイヤー符号が付けられる。最初は、ギリシャ文字として、α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)、ε(エプシロン)、ζ(ゼータ)、η(エータ)、θ(シータ)、ι(イオタ)、κ(カッパ)、λ(ラムダ)、μ(ミュー)、ν(ニュー)、ξ(クシー)、ο(オミクロン)、π(パイ)、ρ(ロー)、σ(シグマ)、τ(タウ)、υ(ウプシロン)、φ(ファイ)、χ(カイ)、ψ(プサイ)、ω(オメガ)と続く。さらに星座内で数が多い場合には、 a、b、c~z、さらにA、B、C~Zと続く。一部、順番に例外もある。
Advertisement