English Forum domain Top Astrophotography The Movie News Accessories Link BBS|ETX About
メニュー
ゲストETXギャラリー
月
登録ユーザー数
現在、441件の登録です。
アクセス状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが リンク を参照しています。)
登録ユーザ: 0
ゲスト: 10
詳細: もっと...
アンケート結果ピックアップ
持っている望遠鏡は?(結果上位10位)
ETX-70AT41
ETX-12534
ETX-10533
ETX-9021
LX200GPS21
LX9018
LX20014
LXD55/7513
DS-20007
RCX4001
アンケートトップ
管理者承認待ち
システム管理 ニュース ゲストETXギャラリー ダウンロード リンク

メイン : ソフトウェア : コンポジット画像処理系 : 


ソート順:  タイトル ()日付 ()評価 ()人気 ()
現在のソート順サイト: 日付 (登録日の新しい順)

訪問 AstroStack 人気 最終更新日: 2005-11-6 21:05
元祖お手軽惑星画像コンポジット処理ソフトとして、最初はQcam用としてリリース。しかし、昨今ではデジカメ普及で幅広く使われ始め、現在はAstroStack2としてバージョンアップを重ねる。
ヒット数: 2759 | 修正 | リンク切れ報告 | 友達に紹介 |

訪問 Noiseware 人気 最終更新日: 2004-11-4 21:15
Neat Imageと同じく増感ノイズを軽減可能なソフト。オプションが多数有り、Photoshop準拠のプラグインもある。
ヒット数: 1693 | 修正 | リンク切れ報告 | 友達に紹介 |

訪問 MaxIm DL 人気 最終更新日: 2004-10-26 6:40
あのハッブル宇宙望遠鏡の画像は、このソフトで処理していると噂のハイエンド画像処理ソフト。(10/26/2004リンク切れ修正)
ヒット数: 1752 | 修正 | リンク切れ報告 | 友達に紹介 |

訪問 Neat Image 人気 最終更新日: 2004-8-19 15:42
増感ノイズを除去可能なソフト。星野写真で威力を発揮。Demo版はJPEGのみの保存という制限。
ヒット数: 1581 | 修正 | リンク切れ報告 | 友達に紹介 |

訪問 Registax 人気 最終更新日: 2004-3-1 20:50
2003年の火星大接近で人気爆発となった画像処理ソフト。独自のウェーブレット処理で、ほかにはない表現ができる。伊賀氏のチュートリアル(http://www.kk-system.co.jp/Alpo/ToUcam/Registax.htm )などが、参考になる。
ヒット数: 1757 | 修正 | リンク切れ報告 | 友達に紹介 |

訪問 Astro PhotoFrame Creator 人気 最終更新日: 2003-10-4 20:42
ひいらぎきんぐさんが作られたフレーム生成ソフト。私のギャラリーのものは、Photoshopで毎回レイヤー合成してますが、Astro PhotoFrame Creatorはとても手軽にはめ込める!
ヒット数: 1868 | 修正 | リンク切れ報告 | 友達に紹介 |

訪問 K3CCDTools 人気 最終更新日: 2003-7-24 3:22
キャプチャと画像スタックに重みが置かれているソフト。カムに付属されているソフトを使わずに済み、個人的には、コンポジットの操作性だけはRegistaxよりもこっちの方が好み。チュートリアルは、ここ
http://home.online.no/~arnholm/astro/deepsky/K3CCDTools/tut1/
がとても参考になる。
ヒット数: 2637 | 修正 | リンク切れ報告 | 友達に紹介 |

訪問 ステライメージ 人気 最終更新日: 2003-6-4 1:02
冷却CCDユーザー御用達の定番商用ソフト。最近ではお手軽コンポジットソフトが手に入るので、本当に高ビットのまま処理がしたい人向け。
ヒット数: 1690 | 修正 | リンク切れ報告 | 友達に紹介 |



サイト内検索
Google検索
Google
  インターネット
このサイト内
ゲストETXギャラリー新着
天の川(はく... (2009-11-12)
天の川(はく...
木星 (2009-8-27)
木星
金星 (2009-8-27)
金星
他サイトニュース
時 差
NASA TV 時刻は、05月23日 01:14:20 (EST)です。
太平洋標準時は、05月22日 22:14:20 (PST)です。
天文用語辞典
- 秒(びょう) : 日常生活では時間を表す単位。しかし天文界では、位置や間隔を示す際などに用いる。分度器の1メモリが1゜(度)。その1/60が1’(分)。さらにその1/60が1”(秒)となる。赤経の場合の単位は、h(時)、m(分)、s(秒)となり、24h=360゜(度)、1h=60m、1m=60s、1s=1/60m。赤偉では、「゜」(度)、「’」(分)、「”」(秒)が使われ、1゜(度)=60’(分)、1’(分)=60”(秒)、1”(秒)=1/60’(分)。
Advertisement